コードキャンプキッズオンラインの料金・口コミ・特徴メリットデメリットは?

コードキャンプキッズオンライン オンライン

「CodeCampKIDS online コードキャンプキッズオンライン」のプログラミングスクールでは、小学生・中学生を対象に通信制でゲームを作りながらプログラミング学習します。

月謝やその他かかる費用、学べる学習内容やカリキュラム、口コミ評判などメリットデメリットも検証しながら記事にしています。

スポンサーリンク

コードキャンプキッズオンラインとは?

現役エンジニアが教えてくれる大人のプログラミングのオンラインスクールCodeCamp
のキッズ版です。

大人が通うコードキャンプでは、マンツーマンでwebデザインやwebサービス、アプリ開発が学習できて満足度も高いスクールとして有名ですが、子供版ではscratchをメインにゲーム開発プログラミングを学習します。

 

2018年に開講したキッズオンラインは、今のところコードキャンプキッズが開発したスクラッチをベースにしたカリキュラムでのレッスン。

コードキャンプキッスオンライン

初心者でもできるカリキュラムとなっており、月額料金も格安で受講できるコードキャンプキッズオンライン。

いずれ、webサービス開発などのコースもオンラインで受講できるようにする予定との事。

 

オンラインと言えども、ほったらかしではなく、課題を提出する事で先生からコメントももらえます。

またSNS上で自分の作った作品を発表する機会もあるので、最初は恥ずかしながらもどんどん制作意欲が沸いていくのも特徴の一つ。

 

通塾タイプの教室もあるので、オンラインだけでは不安だなという場合でもいくつかの学習タイプがあるのも助かります。

→コードキャンプキッズ教室の詳細はこちら

 

特徴

  1. 映像教材
  2. 先生からアドバイスをもらえる
  3. 受講生同士のSNSで作品発表
  4. プレゼン機会もある!

 

学習教材が動画なので、子供にとっては非常に分かりやすいのが特徴。

近年、オンライン教材は文字より動画という会社も多く、その方が頭に入りやすいと評判でもあります。

YouTube世代では特に動画が効果的かも!?

 

オンライン教材は購入したらそれで終わりというところもありますが、コードキャンプキッズオンラインでは、課題を提出する事で先生からコメントやアドバイスがもらえます。

これをフィードバックと呼びますが、これがあることで子供も何をどう進めていけばいいか理解しやすくなるので、ますます成長の糧となります。

こういうのは有難いですよね。

 

また、オンラインを受講している生徒達のSNS上で自分の作った作品を披露したり、見せてもらうことができます。

自分にはない発想だったり、褒めてもらうことで刺激になり、ますますやる気がみなぎるので、作ったものをアウトプットする場としては最強。

息子もネット上のコンテストで名前が上がった時はかなり大喜びして、ますますやる気がアップしたことがあります!

 

作品を公表するときには、自分の言葉を添えて公表。

プレゼン練習にもなり、様々な経験もできます。

 

何より、もっとプログラミングを勉強したい!となった時に、大人のクラスに行けるのもいいですよね。

子供から大人まで学べる、そんなスクールがコードキャンプです。

 

スポンサーリンク

対象年齢

小学3年生~中学3年生

※小学2年生以下でも、プログラミング経験があったり親も一緒に取り組める環境であればscratchは出来ます!

 

実際にうちの息子は年長からスクラッチを学習しています。

中学3年生ぐらいでとてもレベルの高い子供であれば、大人クラスの内容でチャレンジした方がいいかも。

 

コードキャンプキッズオンラインの学習内容

学習コース

Scratchプログラミングコース

学習ツール

scratch

 

コードキャンプキッズオンラインの料金

入会金

無料

月謝

月額3,980円(税抜き)

税込み価格だと4,378円(消費税10%計算)

その他かかる費用

その他一切かかりません。

 

コードキャンプキッズオンラインの学習期間

学習期間の目安として15ヶ月(1年3か月)と想定されています。

1ヶ月に4レッスンずつ受講できるので、週に1回学習するというイメージです。

 

コードキャンプキッズオンラインの口コミ・評価

コードキャンプキッズのオンラインでの口コミは中々見当たりませんでした。

コードキャンプキッズは通うタイプの教室もあるので、そちらの方が口コミが多いです。

参考にしてみて下さい。

ツイッター

スポンサーリンク

コードキャンプキッズオンラインのメリット・デメリット

デメリット

個人的に上げるとしたら、スクラッチしか学べるコースがないこと。

 

2020年の段階ではオンラインでも学べるプログラミング学習がたくさんあります。

スクラッチだけでなく、マインクラフトやモノづくりでもオンラインはありますし、英語も一緒に勉強できるレッスンもあります。

 

なのでスクラッチしか学習出来ないのが、残念かなと思います。

とは言え、今後

  • webサービス開発
  • アプリ開発
  • unity(ゲーム開発)

などもオンラインで受講できるようになるとの情報もあるので、上記の内容がオンラインで出来るとなると、それこそ子供用オンラインプログラミングスクールの中ではトップクラスのスクールとなります。

※基本的にwebサービス・アプリ開発・unity(ゲーム開発)は難易度が高く、通常のプログラミングスクールでもどこでも学べるわけではありません。ましてオンラインでこのunityを学べるスクールは2020年の段階では一つもありません。

以後、期待!

 

↓子供向けオンラインプログラミングスクール総まとめはこちらから!

 

メリット

  • 習い事に通う時間がない
  • 習い事の送り迎えができない
  • 親が共働き
  • 好きな時にできる

 

オンラインの最大のメリットは教室に通わなくてもいい所。

親の送迎の負担も減ります。

時間も節約できるので、本当に有難いですよね。

 

またオンラインスクールは基本的に月謝も安いです。

この辺も、

「プログラミングは習わせたいけど、続くか分からないし、高いお金はかけたくないし…」

という場合にピッタリ。

 

親が共働きで、週末は家でゆっくりしたいなんて時にも、家族でのんびり自宅でプログラミングです^^

 

コードキャンプキッズオンラインは無料体験できる?

できます!

コードキャンプキッズオンライン

1レッスンを無料で受講できるので、まずは無料登録して体験してみましょう。

公式サイト

 

まとめ

コードキャンプキッズは、通うタイプの教室の方が今のところは人気が高そう。

通っている子供も多いので、やっぱり通信制だと本当に身についているのか不安という場合には、頑張って通塾することも視野に入れるのもいいかも!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました