スポンサードリンク

子供の知能指数を上げる方法はたったの2つ!何歳までに始めるのがベスト?

プログラミング 子育て

子供の知能指数を上げるために必要なことは、たったの2つ。

知能指数は3歳までにほぼ決まり、8歳で完全に確立されてしまいます。

そのため、早い段階で幼児教育を始めなければいけません。

一体何歳から始めるべきなのか。

知能指数を上げるための方法2つと、知能指数が上がらない原因2つを紹介します。

スポンサードリンク

子供の知能指数を上げる方法はたったの2つ!

  1. 親の愛情を最大限に注ぐ
  2. 自然にたくさん触れ合う

 

近年は幼児教育が注目されています。

  • 親子教室
  • 幼児教室
  • 知能向上教育

など0歳から通える知能を上げる為のスクールは、数えきれない程できました。

 

赤ちゃんや幼児から学ぶことにより

  • IQが上がる
  • 社会適応力が高くなる
  • 情緒安定する

など得られるメリットは大きいことばかり。

 

小学生になると、塾に通わせ、習い事もたくさんして、将来に備えているママもとっても多いです。

いい大学に入って、いい会社に就職して、子供の夢を叶えさせるための努力を惜しまない。

 

しかし、どれだけ習い事をしても、専門塾で知識を得ても

家族の愛情が希薄

だと何も身につきません。

 

また、子供のうちに【外で遊ぶ】という経験のない子供は、頑張って勉強しても成績が伸びにくいという統計もあります。

自然と触れ合っていない

という子供時代を過ごすと、学力が伸びないんです。

 

逆を返すと

  • 親と過ごす時間が濃厚で、愛情たっぷりに育てられた
  • 親子で一緒にたくさん公園や自然で遊んだ

場合には、知能指数がぐっと上がります。

 

愛情たっぷりに育てられると、子供は安心してなんにでもチャレンジできるようになります。

そのため、自立も早くなります。

 

自然にたくさん触れ合うことで、心が安定し、創造力が生まれます。

自分で問題を解決する能力も高まり、結果的に問題解決力や忍耐力が身につきます。

 

知能指数とは、ただ単に頭がいい、勉強ができるということだけではなく、

  • 自立
  • 責任感
  • 情緒の安定
  • 自制力
  • 温和・理性的
  • 社会適応
  • 誠実

などの能力の高くなり、精神的にも成長します。

 

  • 親の愛情を欠かさない
  • 自然と触れる

この方法に加えて

  • パズル
  • お絵かき
  • 絵本

などの知育玩具を足してあげると、より知能指数があがる要因になります。

 

幼児教育を考えるなら、まずは

  • 家族の在り方
  • 家族の過ごし方

を見直してみて下さいね^^

 

では、どんな場合に子供の知能指数が上がりにくいのでしょうか。

 

スポンサードリンク

子供の知能指数が上がらない原因2つ

親の愛情が薄い

愛情不足で育った子供は、大人になると

  • 人と上手くコミュニケーションを取れない
  • 仕事などで壁にぶち当たった時に自分一人では乗り越えられない
  • 上司に何か言われただけで自分を責めるぐらい落ち込む

このような状態になり、最終的にうつになってしまったり、会社を辞めることになってしまったりします。

 

  • どれだけ知識を詰め込んでも
  • どれだけ教育環境を整えても

そこに【親からの愛情】がないと、大人になって何かあった時につまづきやすいんですね。

 

実際に、私は次男に対して愛情がなかったわけではないですが、長男にかかりきりになってしまい、放置気味で子育てをしてしまった結果、引きこもりになりコミュ障になりました。

 

仕事が続かず、人と話すのが怖いと言いだし、人生の壁にぶち当たった時は、見事に乗り越えられず、家族の力を借りてやっと少しずつ前に進めました。

 

この話を学校の先生にしたところ、先生自体も3人姉妹の3番目で、2番目の姉が同じような環境になったのだと言います。

1番目のお姉さんが病気がちで、親も長女にかかりきりになってしまい、次女は疎外感を感じてしまったのだそうです。

 

親の愛情を感じにくい子供は、色んな壁を乗り越えるのが困難になる

と先生は言います。

 

実際に、ある親子教室では

「親子の絆」を目的に、親子で一緒に何かをする

ということをメインに活動しています。

 

これをするだけで、IQ150超えの子供が多いとの事!!!

親からの愛情だけでも充分なんですが、更に

一緒に親子で何かをする

という事で、子供は親子の絆を感じます。

 

学力の高い子ども、親の習慣や家庭環境に「共通の傾向」というサイトでは

  • 子どもと一緒に美術館や劇場に行く
  • 子どもと一緒に博物館や科学館に行く
  • 子どもと一緒に図書館に行く

という子供程、学力が高い事が判明。

 

もちろん、一緒に行く場所も知的好奇心を満たす場所ばかり、というのもありますが、やはり【一緒に】というのがポイント。

 

習い事をしている間、放置していませんか?

勉強は一緒に取り組んであげていますか?

 

子供って、なんやかんや言ってもパパやママに見ていて欲しいんです。

実際にうちの息子もずっと見ていてほしいと言ってました!

ママに見られていると、安心するみたい♪

 

愛情は、子供のエネルギー。

子供の心の奥底に、親の愛情という誰にも負けないパワーを持っている事で、大人になった時に、どんな壁にぶち当たっても乗り越えられます。

 

また、家族との食事も非常に大切です。

小学生になると、塾が忙しすぎて家族と食事が出来ない子供達は多いですが、それよりも家族との食事が一番のパワーの源。

家族の愛に打ち勝つものは、何もない!!!

 

自然とは無縁

  • 公園でゲームばかり
  • 家にこもって遊ぶ

このような毎日が続くようであれば、成績が伸びにくいという検証結果が出ています。

 

公園へ行けば、太陽の光はあるし、風も感じる事ができます。

でも、子供がいる世界はゲームの中。

身体の外側が感じる季節感はあるものの、心は感じていません。

 

実は、子供の成長を促す一つの方法として、自然を感じるというのがあります。

  • 寒いな
  • 暑いな
  • 虫がいるよ
  • 川に行くと魚が取れるよ

たったこれだけのことでもいいんです。

 

子供のうちは自然に触れて、元気に遊ぶ。

そうすることで、成績も人間性も伸びます。

 

人生で成功している人達は

  • 子供の頃は成績が悪かった・落ちこぼれだった
  • 良い学校も出ていない
  • 友達と遊んでばかりで勉強していない
  • 家が貧しかったので塾にも通えていない

こんな家庭環境だった人達も、たくさんいます。

 

親が不仲で、離婚して愛情もそんなにもらっていない人もたくさんいますし、実際に

「俺の親は毒親だった。感謝もなにもない」

と言い放った年収数億円の社長さんもいます。

 

でも、共通しているのが、子供の頃はとにかく外で元気に走り回っていたという事。

友達がいなかったという人もいますが、それでも自分だけの遊びを見つけていたんですよね。

 

家の中にいると、たった一つの空間のみで生活することになります。

視野を狭めてしまい、創造力も生まれません。

  • 外に出て、自然を感じる
  • 虫を見つけて観察する
  • 季節を感じる

このような些細な経験だけでも、実は子供の成長に繋がるのです。

 

スポンサードリンク

子供教育はいつからさせるべき?

家族の愛情や過ごし方の土台・基礎があるうえで、更にしっかりと教育をつけさせておきたい

という場合には、幼児教室や親子教室、知能向上教室に通うと、より知能があがります。

 

では、何歳から通えばいいのでしょうか。

0歳から通わせる親もいれば、3歳頃から・・・という親もいて、その辺は自分が育った環境が基本となることが多い。

 

個人的には、0歳からでも全く問題ない、もしろ通わせてあげられる環境があるのであれば、0歳から私は推薦します。

そして、遅くとも8歳までには始めましょう!

0~8歳までに習い始めるのがベスト!!!

 

実は、知能指数が上がりやすい年齢が8歳までと言われています。

教育は早ければ早いほどいいです。

 

遅くなればなるほど、自我が出てきたり、何かしら都合が悪くなることも多々出てきます。

そもそも子供は

自分の才能を伸ばしてくれる習い事とは何なのか

など、分かりません。

 

ある程度は、親が見極めて通わせてあげるのが一番いいですよ^^

  • 身体が弱い子供なら、親子でベビースイミング
  • 体操で身体を柔らかくしておきたいなら、親子体操
  • 知能を上げたいなら、幼児・親子教室、もしくは知能向上教室

など、様々な状況で判断するといいと思います^^

 

 

子供が大きくなって、自我が出てきたら希望を聞いた上で、その夢や目標に近いことで、私達親が手伝ってあげられることは何か、

そこで一緒に話し合う

それで、親子の絆がまた深まりますよ^^

 

スポンサードリンク

まとめ

知能指数は0歳から3歳までに80%決まってしまうと言われています。

そう言われても、私もこのことを知ったのは子供が3歳を過ぎてから。

プログラミングを始めたのも4歳からです。

でも諦めずに、少しでも知能指数を上げてあげたいなと、ハグだけは毎日するように心がけています。

そしてたまには自然あふれる場所へ遊びに行ったり、親として今出来ることを少しずつ取り組んでいる最中です。

是非、3歳以上の子供がいる方もハグして、毎日「大好きだよ」と声をかけてあげてください。

手遅れなことは何もないはずです^^

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました